スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひなどり@鎌倉駅東口(2003年3月9日)

13年前の3月9日は、鎌倉駅東口の「ひなどり」へ。3月1日にオープンしたばかりの新店です。
藤沢の人気店「七重の味の店 めじろ」の店主・大西良明氏の長男で、店長を務めていた芳実氏が独立して開いた店ということで、早くも横浜ウォーカーに掲載され話題となっていました。
ここまで書くと、ラヲタの方はピンと来たと思います。
ミシュラン1つ星を獲得した「Japanese Soba Noodles 蔦」の店主・大西祐貴氏のお兄さんの店ということになります。
祐貴氏は高校卒業後めじろで修行していますが、私が行っていた時期はラーメンから離れて別の仕事をされていたようです。
蔦は未食なんですよねー。いつか行ってみたいけど、今のところ行く予定ナシ。

hinadori.jpg

シャレオツな外観と内装。まるでカフェのようです。
メニューはめじろと共通したものが多く、その中から煮干し醤油味に焼豚と味玉をトッピングしていただきます。

hinadori_niboshisyoyu.jpg

ちょいとボケた画像。ヴィジュアルもめじろに通じるものがありますね。
丼の底に煮干しガラが沈み、煮干しの香りが強いスープ。当時の東海地区ではこのようなスープを出す店がなかったなー。
トッピングのロースの焼豚も旨し。
レベルの高い一杯でした。

芳実氏は本鵠沼に2号店として「麺やBAR渦」を開店。しばらくして、ひなどりを閉めています。
ひなどりの跡地には「海鳴」がオープンしますが、昨年8月に閉店したようです。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。