スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義薫@伝馬町(2004年4月7日)

11年前の4月7日は、熱田神宮の南、国道1号線沿いの義薫熱田店へ。4月1日にオープンしたばかりの新店、東京では有名?なFC店との触れ込みです。
この場所には、かつて「とら福ラーメン」というFC店がありましたが、3ヶ月の短命。オーナーは同じようです。

040407gikun02.jpg

メニューはこんな感じでした。FC店なのにやたら薀蓄が多い、ダメなパターン。

040407gikun03.jpg

この中から、香味和風醤油麺をチャーシュー麺で注文します。
香味和風醤油麺はフードジャーナリストはんつ遠藤さんプロデュースとのことですが、どうやらはんつさんはタレを作って納めていたようです。

040407gikun01.jpg

アゴダシをベースに数種類の魚介を混ぜ合わせた幻の一品とのことで、強烈な魚介の風味を期待をしましたが、全くの期待ハズレ。甘めで脂っこく、魚の香りがほとんど感じられないスープでした。
麺は平打ちで太縮れ、チャーシューは薄切りで柔らか、玉子は半熟、控えめな味付け。
丼の底に甘い味付けの細かい鶏肉団子が沈んでいたので、これがスープの味付けを左右していたのかも。

義薫は名古屋市内に数店舗、全国各地のラーメンテーマパークにも出店して急激に勢力を拡大していきましたが、東京で歴史も実績もない店が東京ラーメンと謳ってもねぇ・・・
案の定すぐにダメになり、こちらの店もあぼーん

文献の紹介は2点。いずれもケリー2004年12月号の記事です。

040407gikun04.jpg
東京・葛飾から名古屋に進出した、という扱われ方。

040407gikun05.jpg
こちらは、取り外し可能な別冊の方。某ラ王さんが紹介しています。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。