スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅ハシゴで2杯(2007年9月23日)

7年前の9月23日は、道の駅でご当地食材を使用したラーメンをいただきました。
1軒目は、愛西市の道の駅「立田ふれあいの里」。この時点で、愛知県最西端のラーメンと認識していましたが、今はどうなんでしょ。
レストラン立田でいただいたのは、旧立田村の特産品である蓮根を使用した、その名もズバリ、蓮根ラーメン(500円・当時)。

070923renkon01.jpg

ラーメン自体はよくあるタイプの醤油味。
これに甘く味付けされた蓮根の煮物が一切れ。

070923renkon02.jpg

蓮根リフトw
これ一枚で蓮根ラーメン。500円だから文句言えませんが、もうちょっと蓮根の量を増やしてもいいんじゃないかと。
麺に蓮根を練り込むとかの工夫も欲しいですよね。
現在はどんなのが提供されているか分かりませんけど。

続いて訪れたのは、岐阜県海津市の道の駅「月見の里 南濃」。
レストラン内と外のフードコートで南濃の名産であるみかんを使用したラーメンがいただけます。
レストランでは定食、フードコートでは単品が用意されていますので、外で単品をいただきました。
みかんラーメン(530円・当時)。

070923mikan02.jpg

こちらも蓮根ラーメンと同じように、みかんの輪切りが一枚乗っかっています。

070923mikan03.jpg

みかんリフト!
特に何も処理されていない、皮付きみかんそのままです。
でも、蓮根ラーメンとの違いは麺に有り。みかんジュースが練り込まれていて、ほんのり黄色に。よく味わうと、なんとなくそんな味がするような、しないような。

厨房の様子を覗くと・・・

070923mikan01.jpg

カンカンが潔く堂々と置いてありましたw
スポンサーサイト
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。